aichiko

最新ニュースをお届け!

【新生FF14】パーティーリーダーに役割を任せきりにしていませんか? 自主的に言うこともスキルです。

      2016/04/30

レイドや討滅戦など、パーティーリーダーに全て役割を任せきりにしていませんか?

自分の役割を伝えることでスムーズに打ち合わせができるのでオススメしたいと思います。

 

・全員が役割の確認をすることのメリット

全滅するたびに打ち合わせ~という流れを省くことができます(時間短縮)

パーティーリーダーの負担が減ります

 

極ラーヴァナ討滅戦の「急」や、極シヴァののときに「どの位置に逃げるか」をPTメンバー全員が伝えるとスムーズですし、

だれを優先的にヒールするか(具体例:PTリストの上から優先的にヒールします、ST優先でヒールします)とか

もっというと、私はこういう感じでやりますと伝えると意思疎通が取れて事故も少ないと思います。

 

極ビスマルクに行く機会が少ないので、決まった攻略法が分からないのですが

私がクリアしたときは ビスマルクに対して奇数回に攻撃する人、偶数回に攻撃する人と分けて攻略していました。

私にとって攻撃する人を分けて攻略する方法が常識ですが

PTによってはデバフ「乱気流」が切れたらビスマルクに攻撃するところもあります。

 

当たり前と思っている攻略法が人によっては違うこともあるので確認はしておくに越したことはありません。ということです。

特にDPSさんはPTLに頼り切りになっていることが多いです。

「DPSだから発言権は無い」ということはありませんのでご安心ください。

 

・でもここは注意

攻略の途中、あそこはこうした方がいいんじゃないか等、攻略法を変える提案をすることがあると思います。

序盤に修正するのはいいんです、ただし皆が慣れてきた頃に攻略法を変えると失敗することが多いのでオススメできません。

  野良では効率化よりも慣れてきたやり方を尊重したほうが良いです。

 

特にアレキサンダーやバハムートではクリアするためにも伝えることは重要なスキルだと思います。

伝えても反応がない場合は相手が理解していない可能性が高いのでその事を踏まえつつ対処する必要があります。

 

他の例

あの雑魚敵は私が倒します。(ターゲットを取ります)

あの魔法は私が最初に沈黙いれます。

 

 

 

 - FF14, 未分類