aichiko

最新ニュースをお届け!

赤肉や加工肉に発がん性物質 WHOにより公式に認められる

   

赤肉や加工肉に発がん性物質 WHOにより公式に認められる

加工肉は人に対して発がん性があるという「グループ1」に分類

加工肉はホットドッグ(フランクフルト)、ハム、ソーセージ、コンビーフ、および切り干し肉やビーフジャーキーなど缶詰肉、肉ベースのソースを指します。

市販で売られているミートボール、サイコロステーキ、レストランで1000円で食べられるステーキは(加工成型肉)である可能性が高いです。

ただし加工肉はタバコと同じグループ1に属されているが、危険性についてはタバコと同じではない。

加工成型肉の製造過程



加工肉の摂取はやめるべきか?

過度な摂取はするべきではないでしょう。

ただ、今の時代加工肉を食べずに生活することは難しいと考えます。

加工肉を食べる場合は発がん性リスクがあることを理解したうえで食べるのであれば過度な摂取は無くなると思います。

赤肉については発がん性の可能性があるという「グループ2」に分類

赤肉は、牛肉、子牛肉、豚肉、羊肉、マトン、馬、ヤギを含め、すべての哺乳動物の筋肉を指します。

赤肉を毎日100グラム摂取すると結腸直腸癌のリスクが17%増加する可能性を示唆

赤肉の摂取をやめるべきか?

赤肉には栄養的に優れた食品でもあります。(鉄分、亜鉛、タンパク質など)

しかし発がん性の可能性があるとされているので、過度な摂取はやめたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 - 未分類