aichiko

最新ニュースをお届け!

【新生FF14】3.0 全職 新スキルの概要[竜騎士、黒魔道士、暗黒騎士、モンク、忍者、吟遊詩人、機工師、召喚士、白魔道士、 占星術師etc…]

      2016/04/30

Sponsored Link


ナイト

ライオットソード、サベッジブレードから新しい派生スキル

ヘイトを稼ぐスキルとダメージを与えるスキルがあり、状況によって使い分けることができる

・ディバインベール 効果中にヒールを受けると周囲にバリア

・ブロック    相手の攻撃を確実にブロックできる→シールドスワイプを意図的に使える

戦士

アタッカースタンス(デストロイヤー)の追加

アタッカースタンス中は、ラースのようなバフをスタック(アバンドン)

スタックは5まで MT,STスイッチ時にスタック数を交換する

・原初の直感 正面からの攻撃をすべて受け流す 正面以外からはクリティカルダメージ

自己回復スキル

アバンドン中に使用できるスキル

 

暗黒騎士

・暗黒をまとうモード

暗黒モード中は攻撃力が増加するが、MPが徐々に減っていく

暗黒モード中は他者からのMP支援を受けられない

スキルの中にMP回復する手段があるので、それをうまく使う

・グリッドスタンス

ディフェンススタンスに値する

全てのウェポンスキルが敵視をあげるものに

MPを吸収

・ホルムギャングのような無敵スキルを持つ

タンクには命中補正 ディフェンス系統のスタンス時

 

 

黒魔道士

・黒魔紋
魔法陣のようなものを地面に設置させ15%のヘイストを付与

魔法陣を離れると効果が切れる

・激成魔
次に詠唱する魔法のProcが100%発動

・エノキアン
30秒間の間「AF/UB」中に「ファイジャ」と「ブリザジャ」が使用可能になるバフ
「ファイジャ」「ブリザジャ」では「AF/UB」状態が延長されない
「ブリザジャ」を使うとバフが延長するが更新毎に5秒効果時間が減っていく

ファイアやブリザドを迅速魔で更新することがポイント?

 

 

モンク

疾風迅雷を維持することがコンセプトであるが
今回露骨に伸ばすためにするのではなく
5スタックの闘気を貯めることによりスタックが
上がる度にDPSの高い技が打てる
スタックを使ってTPを回復するなど
型だけを変更するアクションを追加
疾風迅雷3そのものを使う技がある
つまり、ギミックに合わせて技を選べる
無敵直前に疾風迅雷を消費して、その間に闘気を貯める戦い方になりそう。

竜騎士
「蒼の竜血」中はスラストコンボの後にproc発生 → フルスラスト、桜花後に使える擬似4段コンボ
「蒼の竜血」を使用して使える技がある

ジャンプの硬直時間緩和

忍者
モード変更なし
側面、背面スキルあり
見方や自身の敵視を下げるスキル

吟遊詩人
旅神のメヌエット(歌) → チャージ弓打てる状態に
チャージ中、移動するとチャージ切れる
チャージ中はAA無くなる→チャージ後は大ダメージ
旅神のメヌエットはMP消費されない 他の歌と同時に使える
歌を切り替えながら戦う
動く場面では旅神のメヌエットを切り、ここぞという場面では旅神のメヌエットでDPSを稼ぐ戦い方になる
サイドワインダー 既に乗っているDotの引き上げ

機工師
詩人に近い役割
特殊弾 リロード後は使ったスキルに+効果
りろーどすると特殊弾5つに
プロックが発動したりDPSが上がる
クイックリロードもある
コンビネーション技 (例)
ショット1からショット2へのつなげる確率50%
ショット1 50% → ショット2 →50% ショット3
特殊弾で100%にできる。
単純に攻撃 または 仲間に+効果するような、戦い方を選べる

召喚士
エーテルフローを消費する範囲攻撃
バイオ、バイオラ、ミアズマなどDot使う技、ダイレクトダメージ(魔法とか)

トライディザスター(名前負けしている)からトライバインドに
トライディザスターは新スキルとして生まれ変わります

召喚自体にスキルを増やすことで長い目で使えるだろう
アクションに合わせて召喚を出していく(自身に召喚をつけるという考え方
エーテルフロー最初の30秒はDotを詰むとかあると思うけど、後半の30秒は何に使うか?
トランスバハムート バハムートエーテル(スタック)を使ってトランスバハムートを召喚

白魔道士
足りなかった部分が補われる
ヒールエリアのアビリティ
魔法攻撃と回復を同時に行うことができる
瞬間回復を追加
ストンガ、エアロガ
プロテスについては魔法防御の問題があったが他のヒーラーでも魔法防御が上がるようになった

学者
使いドコロを選ぶアクションの追加

範囲回復の策の追加
対象に付与したI4I、鼓舞を拡散させ周囲にも効果を付与
鼓舞応急戦術  鼓舞のバリア分を回復に回すことができる

フェアリーを帰還させることで魔力を得る

占星術師
月読、星読という白寄り、学寄りのスタンスを持つ
各種、スキルアクションの効果が変わる
ヤ・シュトラが使うバリアはこの職業で使える
説明は難しいが、6種類のカードを6枚ランダムに引いて、その効果を対象に付与する
例 攻撃UP ヘイスト 被ダメダウンなど
引いたカードをロイヤルロードといい、一度カードを伏せるイメージ
次のカードに重ねて使うことが可能 (例)範囲化、効果量UPとか
引いたカードをキープでき、カードを引き直すシャッフルもある。
カードをどう使っていくかを楽しむ職業。

 - FF14, 未分類